一般的なベトナムでのご入居手順をご説明致します。

1

不動産仲介会社もしくは大家側との内見アポイントを取得

アポイントの際、お目当て以外の類似物件なども案内してもらうよう依頼するようにしましょう。

2

実際に現地にて内見

部屋内、周辺設備などの状況を確認しましょう。
必要備品が揃っているか、不足しているものは追加購入依頼出来るのかどうかも確認しましょう。
その他、ハウスキーピングサービスの有無や光熱費の支払い方法、ゴミ捨て場なども併せて確認したほうがいいです。

3

賃貸契約書の内容確認と手付金もしくはデポジットの納付

併せて部屋内設備リストも最初にもらっておくようにしましょう。
※ベトナムでの口約束はあまり意味をもたないので、部屋の確保という意味合いでデポジット(保証金)の一部を手付金として大家側に支払う必要があります。

4

入居日前の確認事項

備品の設備リストの再確認と設置済みか。
備品の追加購入依頼をしている際は購入・設置済みか。
部屋内掃除、インターネットの開通の有無、大家側に日本語TVなどを申し込み依頼をしている際は設置済みかどうかなど。
※特にコンドミニアムタイプの部屋に入居される際は大家側の注意が必要です。

5

引き渡し・入居当日の確認事項

備品リストの備品確認及び動作確認
問題ある場合、この時点で大家側に伝え、早急に対応依頼をする必要があります。
部屋内の既存設備についても併せて動作確認も含め、確認するようにしましょう。
サービスアパートであれば、夜間の出入り方法の確認。
コンドミニアムであれば周辺設備の使用方法なども確認。
引き渡し終了
以上、ざっくりではありますが一通りの入居手順となります。
弊社は最初の内見から入居までの手順、入居後のアフターフォローまで
お客様に代わって対応致します。

無料内見案内

仲介手数料無料

一部更新費用無料

メイドサービス代行依頼

ベストコントロール代行依頼

弊社は最初からトラブルになりそうな物件は避け、お客様の有益を考慮して物件の選択からしております。安心出来るお住まいのご提供を心掛けております。
まずは物件のご相談、内見のご相談などお気軽にお問合せください。
Top